SMと言えばもはやM性感が主流!

蕨・西川口にあるM性感・アナル前立腺開発専門店【SWITCH】

店長の坂井です!こんにちは!

風俗店といえばその都度ブームがあって、今では空前のM性感ブームが起きているが、やはりそこには受身な客が増えているというニーズの変化があります

_552c3982bf1fd

昔の風俗って言えば本番が出来るソープラドが定番で、次がファッションヘルス、イメクラなどの本番は無いものの、女性が全裸で接客してくれて、本番以外はいろいろしてくれるので、ソープに行くお金がない人はファッションヘルス、イメクラって感じだったと思う

M性感に行くタイプは受け身なタイプってこと以外でも、シチュエーションにこだわるフェチにこだわるタイプがほとんどなので、むしろ全裸よりも、コスプレ好きが多いと思う!

0008

だから受け身でシチュエーションにこだわることで、ファッションヘルス、イメクラ、ソープランドでは味わえない最高の快感を得ることが出来るのです!

そして昔からある風俗でマニアックな人が行くところといえばSMクラブがあったけど、ここに通う人といえば勝手なイメージでは社会的地位が高い人が大半っていうのがあるんだけど、そのイメージを決定づけたのが、知り合いの金持ちの社長でした

この社長は誰でも知っている超大企業の社長なんだけど、会員制のSMクラブの常連だったようです(笑)

320005

あんなメディアでは偉そうにスーツで経済を語っている人が、実は裏ではSMクラブで女王様に調教されているのかと考えるとちょっと笑えます!

ファッションヘルス、イメクラ、ソープランドが肉体的に気持ちよくなるところだとするなら、SMクラブは精神的なものだったり、脳を刺激する快感といったところでしょうか?

小説とかも、活字だけど、映像が無い分、妄想を掻き立てられるから、小説や活字で妄想を掻き立てられないっていう人はSMクラブには向かないと思う

しかしそんなSMクラブっていうとどうしても女王様とドMっていうイメージなんで、行ったら鞭で殴られたり酷い目に合いそうなイメージしかないんだけど

img_0

最近流行のM性感も女王様っぽい人もいるけど、痴女っぽい人もいて、いずれにしてもSMクラブと結構似てると思う!

実際にドM向けなハードなサービスもやっているところも多いみたいだし、そう考えるとM男向けな受け身なサービスを提供しているお店が
M性感なんだけど、いろんな側面を持っているんで、もはや今では風俗といえばM性感が主流だと思う!

前立腺マッサージ、フェチ、アナル開発、ドライオーガズム…

さぁ!皆さんもSWITCHでM性感を体験しましょう!

******************************************************

【SWITCH】であなたもM性感・出張エステを体験してみませんか?

<<<蕨・西川口 M性感【SWITCH】アナル前立腺開発専門店>>>

9a874fec0319f8df68ae1a8e90c6a727

******************************************************

一度やったらやめられない!淫匂責めがやめられないw

濃厚乳首責めで大量射精w

関連記事

  1. 【手コキマニア必見!】亀頭責めの楽しみ方とは?

    亀頭責めとは?亀頭責めとは亀頭を責めるプレイを指す言葉で、女性から亀頭責めを受ける亀頭責めプレイ…

  2. 女性と付き合えない男性が増加中!しかし生身の女とやらないと…

    池袋にあるM性感・アナル前立腺開発専門店【SWITCH】デリヘル店長のM男坂井です!こんにちは!…

  3. ドM男必見!M男が求める鞭調教

    蕨・西川口にあるM性感・アナル前立腺開発専門店【SWITCH】店長の坂井です!こんにちは!…

  4. 【アナニー初心者必見!】誰でも簡単♪エネマグラ入門

    エネマグラって何?アナルやドライオーガズムが気になるM男を中心に最近話題になっているエネマグラで…

  5. エネマ、ビーズ責めでアナラーに何が起こっているのか!?

    池袋にあるM性感・アナル前立腺開発専門店【SWITCH】店長の坂井です!こんにちは!…

  6. 人生いろいろ!痴女もいろいろ

    池袋にあるM性感・アナル前立腺開発専門店【SWITCH】店長の坂井です!こんにちは!…

  7. アナニーで最高の快感ドライオーガズムを体験しよう!

    池袋にあるM性感・アナル前立腺開発専門店【SWITCH】店長の坂井です!こんにちは!…

  8. 顔面騎乗で悶絶⇒絶頂

    蕨・西川口にあるM性感・アナル前立腺開発専門店【SWITCH】店長の坂井です!こんにちは!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP