お尻が感じる!お湯浣腸がやめられない

池袋にあるM性感・アナル前立腺開発専門店【SWITCH】

店長の坂井です!こんにちは!

アナルプレイや前立腺にハマっている人にとって、避けては通れないのが浣腸プレイです(笑)

その中でも今回は「お湯浣腸」について語りたいと思います!

「お湯浣腸」は、お尻が感じるようになってしまった場合、あのお湯が入ってくる挿入感とその後の排泄の時の解放感から、中にはドライオーガズムを感じ、絶頂を迎える人もいるそうです(笑)

浣腸で絶頂ってどないやねん!!って感じだけど、実際にこれでイケる人がいるっていうんだから羨ましい…

しかしそういう快感目的じゃなくても、アナルや前立腺を感じるために「お湯浣腸」を利用しているという人もいます。

「お湯浣腸」を行うと、アナルの奥の筋肉がほぐれます、直腸に溜まっている便を出し切ることが出来ます。

ですので、「お湯浣腸」をして緊張をほぐした方がより快感を得られやすくなるので、ドライオーガズムを経験していない人で「お湯浣腸」を経験していない人は、是非一度「お湯浣腸」をチャレンジしてみてください!!

0003

やり方としては、お湯を1リットル~3リットル入れ、そのままトイレに移動します。

そしてすぐにお湯は出さず、トイレに移動してから最低5分位はお湯をいれたまま我慢します。

そしてある程度我慢したら一気に出し切るといった感じです!

僕もそうだったんですが、初心者の場合なかなか前立腺を刺激されても気持ちよくなれないので、最初にお湯浣腸を受けてから前立腺マッサージを受けた方が、

感度が上がります!

それにアナルと言えば便なので、僕みたいな綺麗好きで考えても出す行為は汚い感じもしますが、すっきりしてから気持ちよくなりたいっていうのもあります。

余談ではありますが、ウォシュレットってありますよね?

あれやるとお尻にお湯が一気に入ってきますよね?

あれもお湯浣腸っていうことで、腸内洗浄的に利用している人がいるっていう話を聞いたことがあります。

ダウンロード

でもそう考えると、お尻でイケる人は、ウォシュレットとかしたらそれだけでイケるのでは??と思ったりします。

つまりあれ自体がオナニー器具!?みたいな

僕からすると、まだそこまでの域には達してないので、「お湯浣腸」はあくまでもドライオーガズムを得るために、前立腺マッサージを感じ安くするためのものです!

ゆくゆくは「お湯浣腸」でドライ迎えられるようになりたい気持ちもあるけど、もし仮にそうなってしまったら、ウォシュレットのトイレから出てこれなくなりそうなんでそれはそれで怖い(笑)

******************************************************

【SWITCH】であなたもM性感・出張エステを体験してみませんか?

<<<池袋 M性感【SWITCH】アナル前立腺開発専門店>>>

9a874fec0319f8df68ae1a8e90c6a727

******************************************************

衝撃!!脚踏みプレイで目覚めたM性

超ハイレベルな超絶痴女の超絶テクニックに悶絶昇天体験

関連記事

  1. AVの世界が今ここに!M拘束責めを体験しよう

    池袋にあるM性感・アナル前立腺開発専門店【SWITCH】店長の坂井です!こんにちは!…

  2. 淫匂責めでニオイフェチ大興奮!

    池袋にあるM性感・アナル前立腺開発専門店【SWITCH】店長の坂井です!こんにちは!…

  3. 妄想だけでドライオーガズムを感じることが出来る!?

    池袋にあるM性感・アナル前立腺開発専門店【SWITCH】店長の坂井です!こんにちは!…

  4. 大ヒット映画!ボヘミアン・ラプソディに見る性の多様化とは…

    池袋にあるM性感・アナル前立腺開発専門店【SWITCH】デリヘル店長のM男坂井です!こんにちは!…

  5. 射精時の精液の勢いが弱い人は要注意!M性感で新しい扉を開きません…

    池袋にあるM性感・アナル前立腺開発専門店【SWITCH】デリヘル店長のM男坂井です!こんにちは!…

  6. 超ハイレベルな超絶痴女の超絶テクニックに悶絶昇天体験

    池袋にあるM性感・アナル前立腺開発専門店【SWITCH】店長の坂井です!こんにちは!…

  7. ペニスバンドで初トコロテン体験

    蕨・西川口にあるM性感・アナル前立腺開発専門店【SWITCH】店長の坂井です!こんにちは!…

  8. 【アナニー初心者必見!】誰でも簡単♪エネマグラ入門

    エネマグラって何?アナルやドライオーガズムが気になるM男を中心に最近話題になっているエネマグラで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP